UA-219873133-1

8歳から芸能活動開始した中村咲哉の現在、俳優を引退しても伝えたい

俳優

こんにちは!特撮ヒーローの紹介を続けているLove5lifeです!お見知りおきを!

今回は5人のヒーローだけでは無く!変身しなかった元子役の中村咲哉さんの紹介に参ります!現在24歳!芸能活動を引退した今は何をしているんでしょうか?


中村咲哉のPROFILE 芸能界を始めたのは?

  • 名前 中村 咲哉 なかむらさくや(現在も公表しているので本名と思われます)
  • 生年月日 1998年4月19日(24歳)

子守熊

咲哉さんは夢見がちで、慎重派。そして気配り上手!だそうです。それは今後の紹介で分かる筈です!

  • 出生地  千葉県
  • 身長 165cm
  • 職業 元俳優
  • 趣味・特技 ギター、沖縄エイサー、バスケ

千葉県出身の咲哉さんが沖縄エイサーが趣味になった理由が知りたいですね!エイサーと一言で言っても役割は沢山あるんです!

大太鼓
三線の音をしっかりとらえる者が担う、エイサーの音頭取り的役割。演技中は全体の音がずれないように常にリードし、一打たりとも気が抜けない重要なポジションだ。重量のある大太鼓を持つ体の大きさと体力も要求される。大太鼓を抱えて動きが制限されながらもダイナミックな演技をする。大太鼓の重鎮な響きがエイサーの壮大さを醸し出す。

締太鼓
締太鼓は演舞の華といえる。全体が一糸乱れぬ動きで体を動かし、その大胆さと細やかな演技のそろい具合の圧巻さは見る者を引きつける。

イキガモーイ(男手踊り)
エイサーの踊りの基本。男性はまずは手踊りからはじめ、リズムや動きをつかめないと太鼓を持たせてもらえない。足の踏み方などで上達具合が分かるという。青年会によっては空手の型を取り入れているところもある。

イナグモーイ(女手踊り)
女踊りは主に絣の着物をまとい、タスキがけをし、足元は島ぞうりで、団体によっては豆しぼりやサージ(手ぬぐい)を頭に巻く。力強い男踊りに対して、しなやかな踊りの中に手先の緩やかな動きで踊りに華を添える。

旗頭
隊列の先頭に立ち、青年会の顔ともいえる。かなりの重量のある旗を曲のリズムに合わせてテンポ良く上下にふる。道ジュネーの最中に他の青年会と鉢合わせになると、ガーエー(エイサーオーラセー)が始まることがあるが、その際には相手の旗頭と競うようにアップテンポで旗をなびかせる。各青年会ごとに旗が違うのでそれも見所の1つ。

サナジャー
(本来の意味とは違うが「チョンダラー」と呼ばれる事もある)
観客を盛り上げる等、道化的な役割をしつつ、エイサーの隊列を整えたりする。エイサーのキャリアを積んだベテランがこの役目を務めることが多い。旧盆の道ジュネーでは、道先案内役として、周囲と調和をとる。奇抜で工夫されたメイクや滑稽な踊りは一見の価値ありである。

参照:https://www.zentoeisa.com/about-eisa.html

私も長い事沖縄に住んでいましたが、エイサーと言えば踊る!イメージでした!ギターが得意な咲哉さんの場合は、曲調にも惹かれ、自分で奏でるのが好きになったと思います。

中村咲哉の出演経歴 初スタートは8歳子役!

咲哉さんの初出演は8歳から!

  • 土曜ワイド劇場 家賃ハンター真鍋倫子の事件簿(2006年5月20日、テレビ朝日) – 徳永水喜 役

参照:https://www.tv-ranking.com/detail/13408/

  • シムソンズ(2006年) – 大宮謙太郎 役

子役ってとても、大変だと思います。子供の演技が難しいというよりも、当然の事ですが、身体の成長がとても速い。1年間で大分変ってしまいますね。

NHK教育番組の”みぃつけた!”のスイちゃんが1年で変わってしまう様に、見た目が変わるのはとても速い。去年の姿はもう見れない。それでも、思い出に色濃く残るのが、子役を演じた人達ですね。主役で無くても覚えてる。それが有能な子役時代を持った人だと思います。

中村咲哉が演じた天知 望とは?

『天装戦隊ゴセイジャー』で咲哉さんが演じた天知 望とは、どういったキャラクターだったでしょうか?サブキャラですが、子役が出演すると、それはもう、可愛らしくて魅力的でしたね!

参照:http://blog.livedoor.jp/kottori-goseiger/archives/269430.html

当時の咲哉さんは、12歳。小学校6年生です。最初に紹介した8歳の咲哉さんとはどうでしょう?4年経っていますが、そのままですね!まだまだ、男の子といった所。

天知 望は出始めは小学4年生といった設定でした。小学生では、4年生でも、6年生でも見た目はあまり関係ないかもしれませんね。これまで紹介してきた役者さんでは、実年齢とかけ離れた役柄の演技もされる人々がたくさん居ました。

なので、小学生が何年生で…といった設定でも、小学生は小学生で違和感ありませんでしたね。

更に!数年後設定の『199ヒーロー大決戦』(2011年6月)では中学生になっていて、学ラン姿で出演しました!敵の襲撃に対し、その圧倒的な力の前に誰もが絶望していきますが、「ゴセイジャーは絶対にあきらめない」「諦めなければなんとかなる」と訴え続け、その想いが「この地球で一番の奇跡」に結びつくことに!

 

中村咲哉は天地 望の設定を乗り越えたのか?特技はまさか…

天地 望の設定は、絵が非常に上手い!宿題として描いた果物の絵はプロ級!更に!一瞬だけ見たゴセイナイトの絵を完璧に描きました!
小学生のお絵かきなので、プロ級に描けることはまず、無い筈ですが、演技として絵を描く事に挑戦した咲哉さんは、芸能界引退後に、また改めて絵と描く事に挑戦したかもしれませんね。10年以上前になるので、インターネットで検索しても見つかりませんが、芸能界を引退しても、輝いた人生を送っていって貰いたいと思います。何せまだ24歳ですから!

まとめ

元子役の中村咲哉さんは、現在一般社会人として、生活しています。主だった情報は入りませんが、現役時代の情報は検索していくことが出来ます。

2013年に芸能活動をダブルス〜二人の刑事 第7話(2013年5月30日、テレビ朝日) – 堂本信一郎 役で出演して以降、引退しました。
ソース画像を表示

当時は中学3年生、これを最後に高校進学し、大学へ進学していたとしても、今年で24歳。就職していると思います。

wikiにもその後の情報が載っていませんが、幼い頃の趣味、特技を続けてお仕事を始めていたら、また続けていけることを願っています。

TVで見れなくても、愛しくて憧れた子役であったことを覚えていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました